2007年08月05日

五拾貫!とか百貫!って何のこと?

 突然ですが、「五拾貫!」「百貫!」って言われてピンときますか?


 これは古物市場の競りで使われる
 掛け声(入札)の単位のことで符丁といいます。



 関東では、符丁を今でも使いますが、
 関西では、あまり使われないようです。

 文字にすると難しいですが、数回、競りに参加すれば
 自然と体で覚えます。




 ちなみに

 五拾貫=830円で、百貫=3500円と言う事です。



 もちろん「四千円!」とか「1万!」とか言っても問題ありません。

 競りの場を読む為に覚えておいて損はないですね♪



 私の場合「百貫!」は言いやすいので、
 落とせるとは思ってなくても、ついつい言ってしまいます。


 3500円の事ですので、入札額を上げたい人は四百貫(6500円)とか
 普通に5000とか言ってきます。




 そんな初心者が知らない独特の用語や
 ネットでは見つからない古物市場の見つけ方をまとめました。
        

 今なら全員に■無料■で差し上げますので下記からどうぞ!
  ▼          ▼
 http://auctop.com/oldtop.html
posted by 山口裕一郎 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場で使う用語について

2007年07月03日

競りの用語について あご

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



あご(アゴ)

どんな意味かわかりますか?


あごはこんな感じで使用されます。




あご だしちゃえよ。

あご いくらなの?



あごとは何なのか!!



あごは一般的に仕入れ値段、
又はそれ以下で売りたくない値段のことです。


あごで仕入れる事ができれば、利益率が高くなりますよね。





どうですかぁ〜 簡単でしょ?
ですから、素人さんで全然可能なんです!

あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました
posted by 山口裕一郎 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場で使う用語について

競りの用語について 百貫

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



百貫(ひゃっかん)
どんな意味かわかりますか?


百貫とは、3500円の事です。


関西ではあまり符丁を使用しないようですが、
関東では符丁をほとんどの市場で使用しますので、
ある程度理解してると便利です。

特に勉強しなくても定期的に行ってれば、
すぐに覚える事ができます。

もちろん ¥ 円での掛け声もOKです!


百貫は初めて覚えた符丁です。


市場でいいものが出てきたら 「ひゃっかーん!!」

非常に言いやすいです。


しかし多様しないように!

なんでもかんでも3500円ということになりますから。



百貫=3500円と覚えてください!

35000円の時もあるので、競りの流れには
よく注意して流れをみておいてくださいね。


円単位での掛け声もOKです!

堂々と3500円(さんぜんごひゃくえん)と言って下さい!



そう!
ですから、素人さんで全然可能なんです!

あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場で使う用語について

競りの用語について ペロ

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



古物市場は、みなさん中古品だと思っていませんか?

実は新品も沢山出ます。


倒産品や質流れ品も多数、競りにかけられます!


驚きましたか??


これだけでもまだ一般人が知らない美味しい情報です。



新品の場合、同一商品数が多いときは1台単価になります。

よく流れを見ていれば、誰でも分かるのですが
この時は携帯メールが入り、それを見ていたのです。



競りの最中に市場主から


安いからペロしちゃえば??

ぺロって??・・・



よく分からないので、「はいっ!」と返事しました。



はい!ぺロで 1つ4000円で10個で4万円ね!


えぇ〜〜 全部なの??



素直に謝り、取引無しにしてもらいました。



ぺロとは全部という意味の競り用語です。

ご注意を!


新品ぺロは儲かるケースが多いので、
ペロ仕入れに挑戦してくださいね。


誰にでも初めてのときはあります。


市場主さんも買い主さんがいないと
商売になりませんので、新人さんにもやさしく教えてくれます ^^



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場で使う用語について

競りの用語について 山

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



やま(ヤマ)

どんな意味かわかりますか?


やまはこんな感じで使用されます。




誰もいらないの〜

しょうがない これも全部あわせて〜
やま 1000円 1000円でいっちゃうかなぁ〜



やまとは何なのか!!



やまとは、安い商品をヒトヤマいくらって事です。

色々な商品をまとめた値段のことです。


やまで仕入れる事ができれば、
中には思わぬプレミア物が入っていたりすることがあります。


手間は掛かりますが、ばらして1コづつ販売すれば
利益が確実に高くなりますよね。





どうですかぁ〜 簡単でしょ?
ですから、素人さんで全然可能なんです!

あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場で使う用語について