2008年05月04日

古物市場での古物仕入れ

古物市場での古物仕入れる前に、古物って何か復習します。

警察庁の書類には、一度使用された物品または、新品でも使用のために取引された物品及びそれらのものに幾分手を加えたものを古物とし、次の13品目に分類されます。

@美術品類
A衣類
B時計・宝飾
C自動車
D自動二輪車及び原動機付き自転車
E自転車類
F写真機類
G事務機器類
H機械工具類
I道具類
J皮革・ゴム
K書籍
L金券類

です。

古物と一口にいっても商品分類はいっぱい有りますね。

さて、古物商許可証を取得するために許可申請をするさい商品分類を一つえらびますよね。

取引に必要なのは情報と流行に敏感であるなど商人能力が必要ですが、最後は「どれが好き?」だと思います。

「古物に幾分手を加え」なんて、
例えば中古パソコンそのまま売るかと、
環境整理して使いやすくするかは、
パソコン好き又は興味ある人じゃなきゃ
手を加えて価値を上げられないと思います
(この中古パソコン、狙い目だそうです。)。

また、マニアほど金に糸目無く支払ってくれるモノ。

マニアほど好きじゃなきゃ詳しく無ければ売れ筋は仕入れません。

申請した、書類集めた、審査受けた、標識・台帳用意した、交付受けた、開業資格を得てようやく古物市場へ仕入れ。

ここまでは順調でも最後は仕入れる良品古物を見分ける目も必要です。

それと、市場の雰囲気にのまれない事。

せり用語勉強して行ったのに、競り合うかけ声にのまれまいと声張り上げて要らないモノ落札しないように(まぁ、そんなドンくさい人なら初めから古物商になろうと思わないですか。)

ネット上の競りと、現実に人と人の競り合い違いますからね。

ところで、「新品でも使用のため…」と有りますが、
古物市場では、「倒産しちゃった、でも倉庫に新品残ってる」
ってものが出て来るそうです。

古物でもリサイクル品ばかりでは無いんですね。
(これも狙い目ですね。)

商品分類にもよりますが、最低数万円は持って古物市場へ行きましょう。

(副業で小銭稼ぎの場合ですが)そこで自分の好きなものをセレクト。落札できたらラッキー。

古物市場へ商品を仕入れに行くのではなく、ちょっとお小遣い持って自分の好きなものを買いに行くと考えると楽しいですね。
posted by 山口裕一郎 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

古物商と古物市場

古物商が古物品を仕入れるとしたら古物市場へ。

うちの近所の市場で早起きして爽やかな朝日の中、
取れたて野菜を買ってこようかな。

なんて誰でも気軽に入れる市場では有りません。

かといって映画に出てくる、略歴書も危険なマフィアのみなさんがくわえ煙草してウロウロしている怪しい所でも有りません。

どうして気軽に入れないかというと運転免許証のない人が
車を運転する資格がないように、
古物許可証を公安委員会からもらわないと古物商が出来ません。

なぜか。古物許可証が必要なように古物市場の経営者も
古物市場主の許可証を持っています。

気軽に盗品などの怪しい商品が市場に出てくるのが
当たり前じゃ困るからです。

入れない所だとなんだか不安で、
古物市場に行けないとは思うことはないと思ったところで。

古物市場へ入ってみましょう。

まずディズニーランドに入るのに入園料が要るように潜入料(基本料金だと思って下さい。潜入料とはいわないと思います。)を支払います。

1日1千円〜で2千円にはならないようです。

リサイクル店などの業者さんらしい人たちの中に普通の人も混じっている事もあるようです。

ネット販売が普及し一般人も副業で楽して儲けたいと言う人が許可を取得し掘り出し物探しに来るようです。

アトラクション(せり)が始まると日本語能力だけでは理解不能です(いや日本語なんですが…)。

専門用語も必要です。

せりは見るのはただですが、うまく落札するとお楽しみ料(手数料だと思ってください)を何%かとられます。

だいたい消費税分くらいみたいです。

ここまでの支払金額を古物商としては押さえれないかと
思うところですが、古物市場主としては
経営していく為に請求するのです。

仕入れなきゃ商売できないんですから持ちつ持たれつだと思ってください。

「古物市場」なんだか、楽しそうな所ですね。

ただ、ここは遊びに行くところでは有りません。

自分の目とカンで良い商品を見分け、
ライバル達をけ落とし勝利し、発掘したお宝でより
多くの利益をと、思って古物商を開業して頑張っている人達の集う所です。

また、一見さんお断り(って無許可はお断りってこと)で情報オープンでない市場を、よく知らないまま飛び込んだ初心者さんは、
基本料+手数料+成功料なんて余分に経費をとられ、
不要な物を仕入れ、仕入れから利益が出ないなんて事にもなるようです。

色々情報を仕入れ、良い市場を見つけて下さいね
posted by 山口裕一郎 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

2007年07月03日

どんな古物市場(競り)があるのですか?

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。


申請書類には次のような一覧があります。


(1)美術品類  (2)衣類  (3)時計・宝飾品類  (4)自動車   (5)自動二輪車及び原動機付自転車  (6)自転車類
(7)写真機類   (8)事務機器類  (9)機械工具類  (10)道具類  (11)皮革・ゴム製品類   (12)書籍  (13)金券類


どの古物許可証免許を取得すればいいのか迷いますね w

ご覧のように13分類に分別されています。


どれか1つしか選べない訳ではありません。

主に扱う品はは決めなければいけませんが、
どの古物商を行っても問題ありません。



古物商の免許を取る際には全部に○をつけてください。

自動車なども将来的に扱うかもしれません。

どう考えても扱わないという物は省き
それを省いたもの全てに○をつけましょう。


ある地域の方から全部に丸をつけたら、
「どんな商売をするのか?」
係り員にしつこく聞かれたという話を聞きました。


そんな時でもキチンと述べられる理由を
事前用意しておくと安心です。


例えば

「自動車販売を中心に行うが
  バイク・タイヤ・工具・アパレルなども
          色々と扱う予定があります!」

など答えるといいでしょう。



これだけ専門市場があるということは
やはり、美味しい仕入れ網となります。


沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!





また次回、無料無料セミナーでお会いしましょう。
posted by 山口裕一郎 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

古物市場の参加費っていくら?

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。




古物市場にも参加費が必要な事を知っていますか??

ヤフオクに参加料(294円)があるように
古物市場でも参加費が必要です。


大体1日1000円〜1500円くらいのところが多いようです。



更にシステム手数料 =歩率 がかかります。


基本的には5%位徴収されます。


1000円で落札したら、1050円のお支払いとなります。


オークションに近い感覚です。




しかし・・・

オークションよりも安い価格で仕入れる事が出来ます。




そう!ですから、利益率が高いんです!



あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

古物市場にも参加費があるの?

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。


古物市場で競りをするにあたって
まず入場料を1500円取られます。

※場所によって異なります。


驚きましたか??


競りにも入場料が必要なのです。



さらに手数料もあります。


例えば、落札金額が全部で10万円だとします。

それに5%の5000円が取られる市場もあります。


古物市場によってはさらに手数料を取るところもありますので
いくつか参加して、費用の安いところを探しましょう。


市場主もボランティアではないので
仕方ないという大人の考えで参加しましょう!



まずは免許がないと競りに参加しての
仕入れができません。



しかし、きちんとした手順で申請すれば
誰にでも取得出来ます。


私が指導して取得できなかった方はいません。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

古物市場に参加するのは不安ですか??

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



あなたがまだ知らない美味しい話が沢山あります。

私自身、ネットオークションで中古品の売買や
美味しい仕入れをするために、
古物商の許可を取得しました。


「オークションでの販売だけなら
   わざわざ古物商許可を取得する必要があるの?」

とそう思われるかもしれません。


それでは具体例を紹介します。



古物商許可証を最近取得した方の話です。



この方は私が講師を務めるEISの会員さんです。

私が指導して古物商許可証を取得したばかりの素人さんです。


色々とアドバイスをしたり、古物市場での仕入れに
同行しましたが、新人でも結構、頑張ってます。


最初の内、符丁やセリのテンポに苦労しているようでしたが、
常連の方と堂々と競り合っています。


そう!
モチベーション次第で、素人さんで全然可能なんです!

あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

古物市場で売主になる??

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



「古物商許可」を取得したら無店舗でも
すぐ開業できる方法があります。


基本的な古物商許可の使い方は分かったと思いますが、
まだまだ活用できますよ。



商品によって販売方法を選択すれば利益率もぐっと変わります。

高額な小物はネットで販売すると回転率が上がります。


大型の家電・業務機器は古物市場で売れます!



そう!

今度は競りに参加して買う側から売る側になるのです!

許可書さえあれば、素人さんで全然可能なんです!

あなたにも出来るんです。


各市場によって、システムの違いはありますので
市場主さんに聞いてみてください。


市場主さんも売主さんがいないと
商売になりませんので、新人さんにもやさしく教えてくれます ^^



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

古物市場の競りについて

sijyou4.jpg

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。


古物許可書は免許ではない!


本当です。驚きました?

一般的には古物免許とよく聞きますが、
正式な名称は「古物商許可証」と言います。

覚えておいてください。

試験などはありません。

古物商許可証は申請するだけです。



ヤフオクをやるには古物商の免許が必要だと思いますか?

現在、ヤフーが定めた規定に達しないくらいの
販売数であれば基本的には不要です。


じゃぁ〜 許可証はいらないやぁ〜


しかし・・・
インターネットで中古品を売買するには
「古物商許可証」が必要になります。


取得して一番美味しい点は
古物市場と呼ばれる「競り」に参加できることです。


マグロや野菜の競り・競売をTVなどで
見たことがあると思います。


そうです!!

あのような競りで家電・楽器・貴金属・衣類などを
格安に仕入れる事が出来るのです。


古物取得者しか参加できない競りで
激安で仕入れて、販売するので、利益率は凄いものがあります。




古物商許可証の取り扱いは
最寄の警察の防犯課になります。


やはり、美味しい仕入れ網となりますので
沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な経験を
PDFファイルにまとめたいと思います。

さらに、音声解説もつけます。

これで取得できない人はいないでしょう(断言)




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!





また次回、無料無料セミナーでお会いしましょう。
posted by 山口裕一郎 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて

実際に古物市場で競り落とした品を紹介します!

sijyou4.jpg

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。




古物市場で購入して利益が出た物を
紹介します。


500円で買ったテニスラケット。

ヤフオクで▼12500円で売れました。




3500円でCDラジカセ。

これもヤフオクで▼15250円で売れました。



20000円で買ったギブソン レスポールカスタム(白)
※エレキギターです。


なんと・・・


即決! ▼18万円で販売できました。


他にも書ききれないほど高値になった
アイテムがあります。




美味しいですよね。


安い価格で仕入れる事が出来るからこそ
大きな利益が出るのです。

利益率も高いんです!



あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場・競りについて