2008年01月18日

なぜ古物商として営業するにはそんな規制があるのか?

古物商は盗品の売買・流通がなれされることを
防止するための許可ですが
窃盗犯が盗んだ物を換金するなど、
盗品が持ち込まれることも考えられるのです。

警察もこういった流通経路を押さえたいので、
古物許可を義務づけ、警察と連携する体制をとっています。

古物営業法では、古物を買い取る時に
相手が怪しい人物・不審者でないか確認する義務や、
盗品とおぼしき物品を誤って買い取った時には
通報する義務が明記されています。

また。古物台帳という帳簿に記録し、
3年間保管する義務もあります。

ネガティブなことを書きましたが、
メリットのほうが遥かに多い価値ある資格と言えます。
posted by 山口裕一郎 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商許可書の取得について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9677774

この記事へのトラックバック