2007年08月05日

副業からビジネスへ

本格的な中古品販売ビジネスを考えたとき、「古物商」は
取っておきたいものです。

古物商許可証は申請書類を揃えて申請料とともに
地元の警察署に出向き申請します。


書類申請時にかなりご苦労をされているケースも
各地ではあるようです。

地域や担当者によってもその難易度は変わってきます。



『現役古物商が教える古物商許可証の確実な個人取得方法 』

http://auctop.com/oldtop.html


取得方法は勿論、日本各地での取得のモデルケースを収録しており、かなり難易度の高いケースまで、状況に応じて参考になる事例を満載してます。


取得後の古物市場や競りに関する記述もあり実用性は高い内容。

取得方法を知ってしまえば、後はアナタが実践するだけです。
法律事務所・行政書士に取得依頼をすれば最低でも5万円はかかります。


実際、

「何故 そんなに安く指導しているのですか?
 4,5万 いや 最低でも3万円は頂いたほうがいいですよ〜」

知り合いの行政書士に言われました。

しかし、私自身、何も分からずに、この資格の取得には非常に苦労したのを思い出しました。

必死に質問しても、警察署では冷たくされて、あちこちタライ回しにされました。


貴方にはそんな苦労はして欲しくないのです!


http://auctop.com/oldtop.html
posted by 山口裕一郎 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商の可能性
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4923048

この記事へのトラックバック