2007年07月03日

競りの用語について 百貫

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



百貫(ひゃっかん)
どんな意味かわかりますか?


百貫とは、3500円の事です。


関西ではあまり符丁を使用しないようですが、
関東では符丁をほとんどの市場で使用しますので、
ある程度理解してると便利です。

特に勉強しなくても定期的に行ってれば、
すぐに覚える事ができます。

もちろん ¥ 円での掛け声もOKです!


百貫は初めて覚えた符丁です。


市場でいいものが出てきたら 「ひゃっかーん!!」

非常に言いやすいです。


しかし多様しないように!

なんでもかんでも3500円ということになりますから。



百貫=3500円と覚えてください!

35000円の時もあるので、競りの流れには
よく注意して流れをみておいてくださいね。


円単位での掛け声もOKです!

堂々と3500円(さんぜんごひゃくえん)と言って下さい!



そう!
ですから、素人さんで全然可能なんです!

あなたにも出来るんです。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物市場で使う用語について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4576068

この記事へのトラックバック