2007年07月03日

古物商申請 最終章 警察署にて

こんにちわ。


この特別ブログレポートの著者・現役古物商の山口です。

ご閲覧していただき、ありがとうございました。


このレポートでは一般の人がまだ知らない
古物商についてのアレコレを貴方だけにお伝えします。



書類が集まったら、全部持って警察署に行ってみましょう!

古物商の申請場所を聞いてください。
係りの人が申請書類を持ってきてくれます。

成城警察の場合、申請場所は3階なのですが、
1階で収入印紙19000円を買ってくるように指示されます。


そして、また3階へ戻ります。。。。

何という時間の浪費。。。。




さらに驚愕の事実!

申請しても免許が取れない事があるのです。


取得できない場合、申請代金19000円の返金はありません。



落ち度がないか不安になります。


所要時間は20分くらいでした。
書類集めからはじめても、頑張れば1日で可能です。


最後に40日前後位で結果が出るので、
電話すると言われます。

自分で電話する地域もあります。



免許がないと仕入れができないので
取れるまでは不安です。


しかし、きちんとした手順で申請すれば
誰にでも取得出来るんです。


私が指導して取得できなかった方はいません。



沢山の方から取得方法のアドバイスの相談を受けます。


その膨大な指導経験を
PDFファイルにまとめました。

さらに、音声解説もついてます。


これで取得できない人はいないでしょう(断言)

取得して、競りに参加するようになれば
先行きは非常に明るいでしょう。




この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
「読者さんが儲けてWIN-WINになること」です。




最後までお読み頂きありがとうございました!
posted by 山口裕一郎 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 古物商許可書の取得について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4575966

この記事へのトラックバック